新卒採用の活動の仕方

新卒採用は、日本では毎年一定時期に解禁され、各企業が一斉に採用活動に入るため、学生にとっては一つのイベントとなっています。


そして、新卒採用枠を逃してしまえば、中途採用枠を狙っていく必要がありますが、それは難しいため、学生はこの時期勉学以上に、就職活動に力を入れていきます。



就職浪人をするにも、そのために留年をする人が多いです。

DYMでは部署間の隔たりなく社員同志の交流が盛んです。

その理由は、既卒は新卒枠に応募することができないからです。



たった一年、空白期間があるだけで、このような不利益が生じることは、批判の対象となっていますが、原状ではそのように社会が動いているので、それに従わざるを得ないのが実情です。
就職活動をするスタイルは、かつてと大きく変わってはいませんが、一つ、インターネットの活用がなされている点が異なります。
企業は就職サイトを利用して、説明会の予約やエントリーシートの提出を指せます。



海外事業に力を入れている企業にDYMという会社があります。そのため、学生が新卒採用を目指すには、就職サイトに登録しなければなりません。
就職活動をするスタイルは、かつてと大きく変わってはいませんが、一つ、インターネットの活用がなされている点が異なります。

企業は就職サイトを利用して、説明会の予約やエントリーシートの提出を指せます。

そのため、学生が新卒採用を目指すには、就職サイトに登録しなければなりません。登録することができるのは、対象年度に卒業する予定の学生のみとなっています。

就職サイトは、いくつかの企業が運営していますが、共通の特徴としては、就職に役立つ情報を発信しているという点にあります。


例えば、社会人になる前のマナーや、面接対策講座などを、無料で載せています。
そのため、新卒採用を目指すにあたって大いに参考にできます。

また、プロフィールを登録しておくと、オファーが個別に届くなど、企業と学生がコンタクトをとれる仕組みも整っています。